「さらスペースうらわ小ざら」コーチング柿崎が語る~話を聞くってどんなこと?~
を開催しました!

まずは、柿崎さん、大変お疲れ様でした!!
そしてご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

これまでのさらスペース以上に、とっても濃い空間と温かな感覚を味わった時間でした。

コーチングをやろうと思った背景、コーチングとはなんなのか、話をする上でのコミュニケーションとはどんなことなのか、
カウンセリングとの違いなど、10年間学ばれたことと、ご経験から生まれる柿崎さんの言葉から、多くのことを学ばせていただきました。

印象的な言葉は、
クライアントに「安心・安全な場をつくってあげること」

まさに、このさらスペースで大切にしていることと一緒だなと。

相手自身の本音を言葉にしてもらうには(さらしてもらうには)、相手との感覚と間隔から作り出す、空気感がとても大切だなと思いました。

それぞれ皆さまの活動と柿崎さんのコーチングと、つながる部分がありましたね。

さらスペースで、
皆さんそれぞれ感じたことがひとつでもあれば、それだけで嬉しいです。

つきのみちくささんでの開催もできましたので、
ぜひこれからも使わせていただきたいと思います。
個別に使いたい!という方がいらっしゃいましたら、大熊まで☆

ぜひ、みなさんもさらスペースの感想、ぜひいただければと思います!
今後の柿崎さんの小ざらの開催は、相談しながら決めていきたいと思います。
お楽しみ!!!

12月3日(火)は、忘年会を行う予定ですので、ご予定ください♪